甘辛LOVER

旧:where there is no haiku

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」に3行コメント!

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」
キット・ハリントン(ゲースロのジョンだよ!)めあてで初めてのグサヴィエ・ドラン。途中なんじゃこりゃ野暮ったいなというところもありましたが、概ね楽しみました。アイドルファンという業(ごう)を持つ者として見てよかったと思いました。
・そこから戻ってきた人もいると知っているから希望を抱きたい気持ちと、そのまま旅立ってしまった人もいると知っているから、希望を持つのがかえってつらい気持ちと。
・バーバラとのシーンが一番きつかったけど、バーバラすごい。つらい。


そのほか。
・ルパートの子、どっかでみたことあると思ったらアルフィー・アレン(ゲースロのシオンだよ!)めあてで見にいった「ザ・プレデター」の子だった。ウィンターフェルボーイズは私をジェイコブ君に導く…。
・そしてそのジェイコブくんのビジュアルでなんだかジョナサン・ブランディスを思い出して切なくなるなど。
・原作あるのかと思ったら、監督の実体験(子供の頃レオ様に手紙を書いたらしい)が元なの? どうりでルパートがメアリー・スーだよな…。RPFてか夢小説じゃんこれ…。あとクリマイにこういう妄想抱いてる犯人たまにいるよねw
・でもこれが妄想じゃないことを決定付けるシーンがバーバラに捨てられるところで、しかもバーバラはきっとジョンの実力とか才能を認めてて、でも見切りをつけるべきときを知っている。辛い。
・ジミーとエイミーがいてくれてよかった。あと共演者のリズ?も。
・ウィルがかわゆw
・エイミーのコートのシーンでベクデルテストはパスすると思われる。
・しかしナタポやスカヨハがふつうに母親役をやるようになって時の流れを感じる…。
・スタンドバイミーのシークエンスがよう分からん。あんときだけ冷めた。
キット・ハリントンは期待通りだったので満足。
キャシー・ベイツがよすぎる。
・ジミーの人もよかった。Jared Keesoっていうらしい。
・前に谷賢一がグザヴィエ・ドランのなんか見てイマイチ気分に会わなかったと言ってた気がするけど、これ日本で舞台化するなら演出は谷さんがいいな。ただそうすると、ジョンが'戻ってこない'エンドだと思うけど。
・私もカメラワークはあんまし好みじゃなかったかなあ。
・派手な音楽もわざとらしくてなんだか…。
アメリカの若い歌手とか若い俳優とか好きだった人は見てもよいと思われる。思い出しちゃう人がいるとつらいかもだけど、どちらかというとやっぱり夢小説なので…。共感性羞恥ったらごめんw


お口直し(?)に幸せなファンの曲を貼っておくね。


HEARTTHROB by SUPERFRUIT

ブリティッシュ・ベイクオフ参加者のアカウントまとめた

イギリスの飯がまずい記事のブコメで、ジェイミー・オリバーやメアリー・ベリーに並んで「チェトナ・マカン」という名前があがってて、チェトナってあの風味の女王のチェトナ?って思ったらあのチェトナだった。

調べてみると、ブリベイ出た人たち、その後元の仕事やめたり続けたりしながらベイキング関係の活動してる人多い。
というわけでサイトとかYoutubeとかある人はまとめてみました。

 

結果 名前 サイト IG Tw YouTube FB
7 W キャンディス (Candice Brown)      
7 F ジェーン (Jane Beedle)      
7 F アンドリュー (Andrew Smyth)  
7 9 セラシ (Selasi Gbormittah)        
7 8 ベンジャミーナ (Benjamina Ebuehi)      
7 7 トム (Tom Gilliford)      
7 6 ラヴ (Rav Bansal)    
7 5 ヴァル (Valerie "Val" Stones)      
7 4 ケイト (Kate Barmby)        
7 3 マイケル (Michael Georgiou)        
7 2 ルイーズ (Louise Williams)        
7 1 リー (Lee Banfield)          
6 W ナディア (Nadiya Hussain)    
6 F イアン (Ian Cumming)      
6 F タマール (Tamal Ray)        
6 9 フローラ (Flora Shedden)      
6 8 ポール (Paul Jagger)      
6 7 マット (Mat Riley)      
6 6 アルヴィン (Alvin Magallanes)        
6 5 ウグネ (Ugnė Bubnaityte)    
6 4 サンディ (Sandy Docherty)        
6 3 ドーレット (Dorret Conway)      
6 2 マリー (Marie Campbell)          
6 1 スチュー (Stu Henshall)    
5 W ナンシー (Nancy Birtwhistle)    
5 F リチャード (Richard Burr)    
5 F ルイ (Luis Troyano)          
5 9 チェトナ (Chetna Makan)  
5 8 マーサ (Martha Collison)    
5 7 ケイト (Kate Henry)      
5 5 ノーマン (Norman Calder)        
5 5* ダイアナ (Diana Beard)            
5 4 イアン (Iain Watters)          
5 3 ジョーダン (Jordan Cox)          
5 2 エンウェゾー (Enwezor Nzegwu)          
5 1 クレア (Claire Goodwin)    
4 W フランシス (Frances Quinn)      
4 F キンバリー (Kimberley Wilson)    
4 F ルビー (Ruby Tandoh)        
4 9 ベッカ (Beca Lyne-Pirkis)      
4 8 クリスティン (Christine Wallace)      
4 7 グレン (Glenn Cosby)        
4 6 ハワード (Howard Middleton)        
4 5 ロバート (Robert Smart)          
4 4 アリ (Ali Imdad)      
4 3 マーク (Mark Onley)          
4 3 デボラ (Deborah Manger)            
4 2 ルーシー (Lucy Bellamy)      
4 1 トビー (Toby Waterworth)            

 

イアンは基本写真サイトだったり、リチャードは「Building Advice」のページがあったりで楽しい。
あとPintarestアカウント持ってる人が結構いてへーってなった(途中で気付いたのでまとめにはないです)。意外とYouTubeがない。

そして見つけてしまったんですけど。

https://www.bakewithalegend.com/
https://www.instagram.com/bakewithalegend/

これ、ブリベイベイカーと一緒にベイキングできるやつです。
イギリスに行く用事のある人はぜひ参加して感想を日本語ブログに書いてください。お願いします。

頑張ってチェトナのレシピ作ってみようかな。料理の方(笑)。

 

参考:

 

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ ディレイビューイング 後編」に3行コメント!

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ ディレイビューイング 後編」
・踊るナウシカ。歌うクシャナ。そしてクライマックスのオーマvs墓所の大アクション(殺陣ではない)! そうくるかー!
・ボーカル&ダンスタイムはバンド(?オケ?)の人たちが舞台にいるのです。よいですね。
・こらえつつ涙を拭うナウシカの可憐さ。クシャナの瞬きと激昂する横顔。満足!

シュクメルリ的な何かを作ったよ

松屋のもどこのも食べてないけど、食べてみたかったので作ってみました。

■使った材料
鶏もも肉 300gくらいだった
じゃがいも(男爵) 3個くらいだった
ニンニク 5かけだったかな
ニンニクチューブ 適当に
パクチー 1本(3本入りのうち1本だった)
牛乳 150ccくらい?
チーズ 好きなだけ(ピザ用のやつを使った)
オリーブオイル 適量
塩・コショウ お好みで

 

■備考
鍋とフライパンを同時に使います。
私は薄味の方が好きなのでチーズの塩味で十分ご飯が食べられたけど、足りなかったら塩を足してください。

 

■手順
①じゃがいもを食べやすい大きさに切る。
②じゃがいもを茹でる。
③茹でてる間に鶏肉に取り掛かるけど、じゃがいもが先に茹であがるなので、ザルにあげておく。
④鶏肉を食べやすい大きさに切る。
⑤フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、皮目の方を下にして焼いていく。皮がきつね色になるまで。ここで本当は塩コショウする気がするけど、忘れててしなかった。
⑥ニンニクの皮を剥いてスライスする。
⑦鍋に牛乳を入れて温め、スライスしたニンニクを煮る。
⑧ニンニクが軟らかくなったらフォークなんかでつぶす。
⑨鶏肉の皮目を上に向けてから、ニンニク牛乳をフライパンに投入。ニンニクチューブもここで入れたけど意味があったか不明。
⑩フライパンにじゃがいもも入れる。
⑪鶏肉に火が通ったら頃を見計らって、刻んだパクチーをフライパンに入れる。
⑫チーズを好きなだけ入れる。
⑬チーズが溶けたら完成。

 
これはチーズを入れる前。鶏肉じゃがいもとニンニクパクチーチーズを牛乳でまとめて美味しくならない訳がなかった。
いや松屋のはさつまいもなんだけど、話題になった時に誰かがじゃがいものほうがいいかも的なことを書いていた気がしたので今回はじゃがいもにしてみた。この記事を書くにあたって他の人のレシピを見直してみたら、バターを入れている。まじか。
ニンニクはたっぷり使ったけど、もっと煮た方がよかったのかなあ。炒めるタイミングがなくて牛乳煮にしてしまった。次作る時は要検討だな。


■参考
https://scrapbox.io/yuiseki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%AA
https://moognyk.hateblo.jp/entry/2020/01/17/110000
http://negineesan.hatenablog.com/entry/2019/12/16/202852

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ ディレイビューイング 前編」に3行コメント!

「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ ディレイビューイング 前編」
・面白かった。CDBさんが逆に歌舞伎の勉強になると書いてて、ちょうどタイミングが合ったので見てみたらすごく良かった。めちゃくちゃエンタメだった。
・漫画版でもアニメ版でもクシャナ殿下が好きなんですけど、大満足。ありがとう七之助クシャナ。あとヨロイの背中をナウシカにとめてもらうシーンやってくれてありがとううう…。
・ファンサ担当はユパ様でした。あ、ユパ様とアスベルは殺陣担当でもありました。ウシアブたちと踊る僧兵がお気に入り。おすすめ!といいたいところだけど、チケット高めなので注意。

 


以下、ネタバレ注意。
ポニテナウシカありありのあり。活発な感じが出てて。ジョージア軍服に相当するであろう水色の衣装がかわいかった。血で染まった後の土鬼服の、織か刺繍か分からないけど光沢のある地紋?が入ってて素敵なのなんのって。あと染まる時、早替えしてくれるって信じてた。
クシャナは本当に白い魔女でねえ…真っ赤な陣と白&ゴールドの衣装の対比なー。かっこよすぎやん。鎧の後ろをナウシカにとめてもらうところは原作でも好きなシーンなんだけど、役者さんがやると色気が素晴らしくて素晴らしいですね…。髪で供養する場面こそないけど、部下の命しか興味ないって言ったり、土鬼戦でナウシカの援護にやった部下が帰らないと知った時の顔とか…! そして歓呼三声で迎えられるクシャナが見られて本当にうれしかった。
アスベルは衣装が黄色だったっぽいけど、ああいうのも歌舞伎的な意味があるのかなあ。アスベルの方のほっぺがぷくぷくしててかわいかった(?)。
ちなみにユパ様は緑だった。ユパ様に客席降りさせようって決めた人グッジョブすぎる。あんなおちゃめなところ見られるなんて思う??? 本水は、始まった時はそういえば口上で言ってたな、くらいだったんだけど、見得切りってこんなにかっこよかったのか!って。そしてどんどこ水が出るにつれて「誰も滑らないで転ばないでケガしないで…!」ってハラハラしました。録画だからないんだけどさ。
ケチャが垂れ目だった(笑)。ケチャもいい娘だよなあ。その服狙ってたんだ、ってやり取りがああなるんだなって。
あと宿屋の娘がキャラ立ちしてた。娼婦たち?の踊りが素敵だった。
皇弟様は死体が歩いてる感じで良かったですね。青メイク(隈取り)の勝利? 原作でも、一応土鬼の科学力ってのもあるけど、半分くらい気合で動いてる感あるから。幽体離脱モードもかっこよかった。うねうねの衣装も。
前編はミトとセネイを同じ方がやっててこれは間違いで、トルメキアの強欲な将軍とミトが同じだったっぽい? 後編ではなんとミラルパの方がナムリスも二役するようで「ほう…」と思った。
チヤルカにちゃんと有能感があってよかった。僧兵のウォーダンスが不穏で素敵だったなあ。
そういえばチヤルカはチャルカなの? ケチャはケチヤじゃなくてケチャだから、チヤルカはチャルカじゃなくチヤルカだと思ってたんだけど。
あとウシアブたちもかっこよかった。つかウシアブがああなるのか!っていう。蟲とか動物(テト、カイクイ)とか乗り物はかなり原作通りの造形だったと思う。
メーヴェについては2階3階下手に座ってたお客さん超ラッキーでしょうか。
音楽は和楽器仕様。とてもよかった。
「鳥の人」が流れるとどうしても巨神兵(というかエヴァ)が脳裏をかすめるんだけど(ヱヴァQ連弾の鳥の人モチーフっぽかったから)、今回は口上で説明されただけで本人は登場せず。
そういえばタペストリー幕は映画用の原画をそのまま使ったんだろうか?

 

あー早く後編も見に行きたい! 

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」に3行コメント!

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
・お屋敷が素敵! 私のアカデミー最優秀ミステリの邸宅賞をあげます! あとジェイミー・リー・カーティスがイケきってた。
・助けるつもりで支配してしまうのは辛い。ちゃんと決断できたのはすごい。絶対巻き込んじゃうからそこはちょっと考えなしじゃないの、とは思った。でも決断できたのはすごい。そして彼女の、繰り返しはしない、という意志。
・エンドロールが短い。おすすめ!

AI美空ひばりとかAI手塚治虫とかなんとか

個人的には嫌。
何が嫌かというと「ある名前の下に行われた表現が、その名前を持つ人に帰属すると思われてしまうのが嫌」です。故人のDiscographyやBibliographyやFilmographyを汚すな、でも可。

 

■実在人物のキャラ化の是非より前の話

そもそもAI美空ひばりはキャラ化できてない、というかキャラとして扱う気がなさそうだから反発してる。
きちんとキャラ化されてたら問題ないと思う。
AI美空ひばりやAI手塚治虫はあえてキャラ化せずに、それが「新作(真作)」とみなされることを意図してるのが嫌。
真似するなとは言わないよ。勝手にキャラ化するなとも言わない。
完全に真似してる別物として、AlphaHibariとかAlphaTezukaとか名前つけて、そういうプログラムが歌いました・書きましたならいいの。でもそうじゃないでしょ?
美空ひばりが復活した」「手塚治虫の新作」って喧伝してるでしょ。
でも違うじゃん。
加藤和枝も手塚治ももうこの世にいないのに、彼らの表現から連続してるかのように「美空ひばり」「手塚治虫」のものとして売ろうとしてるでしょ。そんなのってアリ?
どんなにオリジナルの真似をしたって、中の人が入れ替わってるのは事実なんだから、コピーはコピーを名乗ってコピーとして勝負すればいいじゃん。

 

m-dojo.hatenadiary.com


カプローニで言うなら「AIカプローニが飛行機を設計しました!」ってカプローニの作品リストに加えられる、というような状況です。歌手とか役者は「中の人」と「作品(歌唱や演技)」をバラせないから分かりにくいかもだけど。

あと人間としての美空ひばりではなく表現物としての美空ひばりを軽んじるなということなんだよな、私の中では、どっちかというと。ディープフェイク云々は前者に属するものだと思うので、またちょっと違う…。いや、あのセリフも歌詞もアレだと思うけど、それが妥当であればよかったかというとそうでもないので。


■成果物の出来不出来

今回のAI美空ひばりの歌がうまくなかった話。
個人的にはうまいうまくない以前にボカロボカロしすぎって思ったけど、ただ、前にみっくみくのリミックスか何かでボカロ歌唱なのに人間が歌ってると思ってた人がいたから、ボカロの歌唱に慣れてない人は「ちょっと不自然」くらいで済んでるのかね。
天童よしみにサンプル歌唱をしてもらってぼかりすみたいに調声すればもう少し出来はよくなるのでは…あれ、動きも天童よしみだったんだっけ…それって完全に美空ひばりのガワを被った天童よしみ接続された女…AIの存在意義とは…。

AI手塚治虫のほうも、猿にタイプライター叩かせたような内容が出てくるならまだ面白いけど、「手塚らしさ」から外れないものしか出てこないなら、それって何が楽しいの、という気がする。ブクマでも言ってた人いたけど。
過去作からはみ出さないように新作を作ってもダメだってスターウォーズの直近の三部作でわかったじゃんね…。それでもJJっぽいとことかジョンソンぽいとことか過去作とは少し違ったところもあって、それはそれなりに評価されてたよね。でもそういう「はみだし」もないなら、どれくらい意味があるのか…。

ただこれは、うまくできたとしても、それはそのAIまたは天童よしみの功績となるべきもので、オリジナルに帰属するのはおかしいのは変わらないと思う。

 

■類似案件について

Huluの淀川長治のCM
→嫌だった。淀川長治の功績を利用して、別の人が書いたセリフに説得力を持たせようとしてたよね。「淀長さんがHuluをほめてますよ」って体だった。外見はポリゴン感をあえて出してたけど、故人の意見を騙ってる感があって嫌だった。

「ローグ・ワン」のモフ・ターキン復活
→実際に演じた役者名はクレジットされている。ターキンを出すにあたってピーター・カッシングの外見が必要だったのは分かる、のでまあ。その後も継続的に出てくるキャラなら役者自体が変わったであろうパターン(例:ダンブルドア)。出す必要なかった、といえばそうですねって感じ。モヤっとしてないと言えば嘘になる。

マイケル・ジャクソンのSlave to the Rhythm
→これはCGで、よくできてるんだけど、どちらかというとステージ上にいるように見せたというところに新規性があるのではって思ってた。ミクのライブみたいな。歌声はマイケル本人の音源。動きだけCG。じゃっかんの不気味の谷。よくできてるけど、それだけ…。ライブっぽくできたのはすごい。

AI星新一
→リアルタイムで知らなかったのでコメントなし。

AIレンブラント、AIモネ
→絵は分からないのでコメントなし。
https://anond.hatelabo.jp/20200204231429 および
https://yow.hatenadiary.jp/entry/2019/06/18/170418 を参考程度に。

原作者が亡くなったのに続いてるアニメ
→アニメの脚本や演出の人がちゃんとクレジットされてるよ。


以上です。